ゴルフ用語 ゴルフ初心者 ゴルフ上達日記 ゴルフのマナー ゴルフの服装

今更、人には聞けないゴルフ用語の覚え書き

アウト

18ホールのうち前半の1〜9番ホールのこと。
クラブハウスから遠ざかる(going out)という意味から。フロントナインとも言う。

 

アウトサイドイン

ボールと目標を結んだ直線よりも、クラブヘッドが外から降りてきてボールに当たり、内周りになる事。
結果としてスライスになりやすい。

 

アウトオブバウンズ(OB)

プレーを禁止されている、定められた区域より外のエリア。
白杭で区切られていて、そことりボールが出たら1打加えて打ち直さねばならない。

 

アゲインスト

向かい風のこと。
「ここは少しアゲているな」の様に使うと知ってる風に見える。

 

アッパーブロー

上向きに打ち抜くこと。
ドライバーで距離を出す為には、アッパーブローが良いとされている。

 

アプローチ

グリーン回りからボールをカップに寄せること。

 

アベレージゴルファー

ハンディキャップが20前後の中級レベルのゴルファー。

 

アルバトロス

パー5のホールで、2打でカップインする事。
ホールインワンより難しいとも言われる。

 

アンジュレーション

グリーンにある起伏のこと。

 

アンダーパー

18ホールを、72より少ない打数でホールアウトすること。
72ちょうどの場合はイーブンパー、またはパープレー。

 

イーグル

パーより2打少なくボールをカップインさせること。
パー5なら3打、パー4なら2打。

 

イン

18ホールのうち後半の10〜18ホールのこと。
クラブハウスに戻ってくる(comingin)という意味から。 バックナインとも言う。

 

インサイドアウト

ダウンスイングで内側からクラブが降りてきて、フォロースルーでは外側に抜けること。
結果、フックしやすくなる。

 

インパクト

クラブのフェースがボールに当たる瞬間。

 

ウェッジ

アプローチやバンカーで使う短いアイアン。
ピッチングウェッジ(PW)、サンドウェッジ(SW)、アプローチウェッジ(AW)

 

ウォーターハザード

海、湖、川など水に関連する箇所や、それらにボールを落とす事を言う。
ボールがその一部にでも触れている場合、ハザード内のボールとなる。

 

ウッド

ドライバー(1W)や3W〜5Wのこと。
昔はヘッドが木製だった為で、金属製になった今でもこう呼ばれる。

 

エース

ショートホールで出るホールインワン。

 

エッジ

縁や端のことで、グリーンエッジ・バンカーエッジの様に呼ぶ。
ウェッジとは、何の関係もない。

 

OK

グリーン上で次のパットで確実にカップインする距離の場合、
他のプレーヤーから、「そのパットを省略してもいいよ」とされる事。
多くの場合は、1m未満の距離や、あまりにパットが下手な場合に使う。

 

オープンスタンス

ボールに対して、左足を後ろに引いたスタンスのこと。

 

オープンフェース

クラブのフェースが、直角ではなく右(開いている)を向いていること。
バンカーやロブショットでは、オープンフェースで打つと球が上がりやすい。

 

カラー

グリーン周りにある、グリーンに沿って芝が刈られているエリア。

 

キャリー

ショット時に、打球が中に浮いて飛んだ距離のこと。
地面を転がった距離は含まれない。

 

グリーン

カップのある場所。 原則、パター以外は使わない。

 

芝目

芝の向いている方向。
ボール打つ方に向いていれば順目、手前に向いていれば逆目。

 

シャンク

インパクト時にヘッドのフェースでは無い、付け根等にボールが当たり、
真横や斜めなど、あり得ない方向にボールが飛び出してしまうミス。
初心者ゴルファーを悩ませる、一番多いミスショットでもある。

 

スライス

打ったボールがキャリー中、途中から右に曲がること(右利きの場合)。
左利きの場合は逆に曲がる。
スライスの逆はフック と呼ぶ。

 

ターフ

芝生のことを指す。

 

タッチ

パッティングやアプローチにおける微妙な距離感や力のいれ具合。

 

ダフる

ボール手前の地面を打ってしまうこと。
シャンクとは異なり跳びはするが、距離は出ない。